金地金の売買単位・コスト

金地金の売買コストは重要?@

他の投資商品と同様、
金地金に対する投資においても、
売買の際のコストは重要となります。

 

これは、投資収益率にも
直結してくるからです。

金地金の売買コストは重要?A

なお、
一般的には、金地金の売買の際の
売買手数料(スプレッド)は、
商品取引会社の方が安いケースが多いようです。

金地金の売買単位は?

金地金の売買単位というのは、一般的には、
5g、10g、20g、100g、500g、1kgとされています。

 

といっても、これらは各販売業者一律の取り扱い
となっているわけではありませんので、

 

販売業者によって、
取扱単位に若干の相違があるということには、
注意が必要です。

 

例えば、500g未満の金地金には、
通常の売買手数料(スプレッド)のほかにも、
金地金1本ごとにスモールバー・チャージ※は、
金地金の売却の際にも加算されることになります。

 

なので、金地金の場合は、
少なくとも500g単位で購入することが
理想的な方法ということになります。

 

ちなみに、この方法でしたら、持ち運びも容易ですし、
相続や贈与における分割の際にも対応がしやすくなります。

 

また、老後の年金資金として取り崩していくような場合にも、
少しずつ本当に必要な分だけ換金するということも可能です。

 

※加工手数料のことですが、これは販売業者によっても異なります。

 

スポンサーリンク