ボックス相場・レンジ相場とは?

ボックス相場・レンジ相場とは?@

「ボックス相場」「レンジ相場」とは、
短期的な調整局面のことをいいます。

 

具体的には、ある一定の範囲(レンジ)で、
上昇したり、下降したりを
繰り返す相場のことをいいます。

ボックス相場・レンジ相場とは?A

例えば、金価格連動型ETFが
上限3000円、下限2900円の範囲で、
上げ下げを繰り返すようになったとすると、
「ボックス相場に入った」と判断することができます。

 

ちなみに、デイトレーダーには、
ボックス相場は稼ぎ時といえそうですが、
投資初心者ですと、
なかなか売買のタイミングがつかめないと思われます。

 

スポンサーリンク

ボックス相場の判断は?

調整局面における判断は、非常に難しいといえます。

 

というのは、今後「上げ相場」に向かうのか、
それとも「下げ相場」に向かうのか、
あるいは調整局面が続くのか、
ということが判然としないからです。

 

当然のことながら、
「上げ相場」「下げ相場」に転じるのであれば、
儲ける機会がやってくるといえます。

ボックス相場から抜け出すサインに注意

「ボックス相場」を抜け出しそうなときというのは、
何らかの「サイン」があるものです。

 

なので、そのサインさえ上手く読み取ることができれば、
これから「上げ相場」がやってくるのか、
それとも「下げ相場」に転じるのかを
判断することができるようになります。

 

スポンサーリンク