金ETFと信用取引のリスク

信用取引の怖さとは?@

信用取引、すなわち「空売り」は、
相当に高度なテクニックです。

 

通常は「買い」から入りますが、
将来、相場が下落すると予想したときには
「売り」から入ることもできるのが「空売り」ですが、

 

この予測がはずれたときには、
大きなリスクとなるからです。

信用取引の怖さとは?A

つまり、価格が下落すると予測しても、
実際には価格が下落せず、
むしろ上昇するケースもあるということです。

 

また、信用取引には返却期限がありますので、
いつまでも「売りっぱなし」というわけにはいかず、
必ずどこかで買い戻さなければなりません。

 

例えば、3000円で売って、3500円で買ったとしますと、
3000円−3500円で500円(×口数)のマイナスとなり、
損失を被ることになります。

 

通常の売買でしたら、
相場が下落しても保有し続ければ、
損失は顕在化しませんが、
返却期限のある信用取引ではこれができません。

 

否が応でも取引せざるを得ませんので、
損失を出してしまうことになるのです。

 

これが、信用取引の「怖さ」といえます。

 

スポンサーリンク

信用取引のするには?

信用取引は、
証券会社に「信用取引口座」を開設し、
委託保証金を預けなければなりません。

 

委託保証金は最低30万円で、
かつ約定金額の30%となっています。

 

つまり、元手のおよそ3倍程度の取引ができるということです。

 

元手より大きい金額を動かすことを
「レバレッジを効かせる」といいますが、
この取引においては、
3倍のレバレッジを効かせたことになります。

 

ただし、相場が予測どおりに動けば、
3倍の利益が得られますが、
外れたときには、
3倍の損失を被ることになりますので注意が必要です。

 

なお、相場の動きを100%予測することは不可能ですから、
「空売り」は、
投資初心者にはリスクが高すぎると思われます。

 

スポンサーリンク