金ETFの投資戦略と信用取引/空売りとは?

相場状態に応じた金ETFの投資戦略とは?@

相場の状態というのは、
大きく次の3つに分けることができます。

 

■上げ相場 ⇒ 多少の上下はあっても、相場が上昇していく局面
■下げ相場 ⇒ 多少の上下はあっても、相場が下降していく局面
■持ち合い相場 ⇒ 調整局面

相場状態に応じた金ETFの投資戦略とは?A

そして、それぞれの相場の状況に応じて、
とるべき戦略は異なります。

 

まず、短期投資の場合には、
上げ相場は買い、
下げ相場は「空売り」あるいは休みとなります。

 

また、中・長期投資であれば、
下げ相場で買い、
上げ相場で売ることにすれば、

 

多少タイミングがずれたとしても、
利益は得られます。

 

さらに、持ち合い相場のときは、売買を繰り返し、
早めに利益確定するか、休むということになります。

 

ちなみに、いさぎよく休むのも立派な戦略です。

 

スポンサーリンク

「空売り」とは?

「空売り」というのは、相当に高度なテクニックです。

 

通常は「買い」から入りますが、
金ETFは信用取引も可能なので、
将来、相場が下落すると予想したときには
「売り」から入ることもできるのです。

 

具体的には、例えば、近い将来、
金ETFの価格が暴落すると予測したので、

 

信用取引を使って、
証券会社から金ETFを借りて、
その金ETFを3000円で売るとします。

 

そうすると、自分の口座に
3000円×口数が入金されます。

 

予測のとおり、間もなく下落相場に入り、
価格が暴落して2500円になったので、買い戻すとします。

 

このとき、3000円で売って、2500円で買ったわけですから、
通常の取引とは順番こそ違いますが、
3000円−2500円で、1口当たり500円の儲けになるのです。

 

最後に、証券会社に
金ETFを返却し、取引は終了します。

 

スポンサーリンク