金ETFの購入方法は?

どのように金ETFは買うの?@

金ETFを買うには、
ネット証券でしたら、
その銘柄の注文ページに必要事項を打ち込むだけです。

 

具体的には、例えば、金価格連動型ETFを
2900円で10口購入する場合には、
次のような手順になります。

どのように金ETFは買うの?A

<買い注文の手順(売り注文も同じ)>
■注文ページへ
契約している証券会社のホームページから、
金価格連動型ETFの買い注文のページに行きます。

 

これは、銘柄コード1328を打ち込めば一発で行けます。

 

■口数の入力
口数を入力します。

 

□口(□株)と書かれていますので、□の中に数字を入力します。

 

■注文方法の選択
指値注文、成行注文、逆指値注文のいずれかを選択し、□をチェックします。

 

■指値注文
指値注文の場合は、金額も入力します。

 

■成行注文
成行注文の場合は、□をチェックするだけで
金額を入力する必要はありません。

 

ちなみに、入力する欄もありません。

 

■逆指値注文
逆指値注文の場合は、「現在値が□円以上(以下)になった場合」
という条件文がありますので、
□欄に金額を入力し「以上」「以下」のいずれかを選択します。

 

指値か成行かを選択できますので、
指値を選択した場合には金額を入力します。

 

成行の場合は入力する必要はありません。

 

■期間の入力
最後に「期間」を入力します。

 

「当日中」か「期間限定」のどちらかを選択し、
頭にある□をチェックします。

 

「期間限定」を選択した場合には、
具体的な日にちが示されますので、
希望する期間をチェックします※。

 

※期間は証券会社により異なり、当日と週中=1週間の2種類しかない場合もあります。

 

■パスワード入力
パスワードの入力を行います。

 

■注文発注ボタンをクリック
注文確認画面が自動的に立ち上がりますので※、
確認した上で「注文発注」ボタンを押せば、正式な注文となります。

 

※「注文確認画面」ボタンをクリックしないと立ち上がらない場合もあります。

 

なお、
注文の際には、入力ミスを犯さないように
細心の注意を払うだけでなく、

 

注文確認画面については
より注意深くチェックするようにしたいところです。

 

スポンサーリンク