金ETFの取引はいくらから可能か?/使い勝手がいいのは「ネット証券か対面型証券会社か?

金ETFはいくらから取引できるの?@

東京証券取引所上場の
SPDRゴールドの売買単位は1口※ですが、

 

これは、ネット証券に支払う
手数料を含めたとしても
1万円弱で購入することができます。

金ETFはいくらから取引できるの?A

一方、大阪証券取引所上場の
金価格連動型ETFの売買単位は10口となっていますが、
こちらは1口数千円なので、10口購入したとしても
手数料を含めて数万円にすぎません。

 

なお、売買は
売買単位※の整数倍でしかできませんので、

 

金価格連動型ETFは、
10口、20口、30口と、
10口の整数倍でしか売買できません。

 

ちなみに、SPDRゴールドは、
売買単位が1口なので、何口でも売買可能です。

 

※株式の場合の単元株数に相当します。

使い勝手では「ネット証券」と「対面型証券会社」のどちらがいい?

ネット証券の場合は、
注文画面の使いやすさも大きなポイントとなります。

 

というのは、スピードが遅くて、
イライラさせられることもあるからです。

 

とはいえ、こういったことについては、
1回取引すればすぐにわかりますから、
使い勝手が悪い場合には、
他社に乗り換えればいいだけの話です。

 

これに対して、パソコン操作に不安のある人は、
対面型証券会社を選択したほうが無難かもしれません。

 

これは、誤発注の原因となりかねないからです。

 

もちろん、誤発注を取り消すことも可能ですが、
そもそもパソコン操作に不慣れですと、
取り消すのも一苦労だからです。

 

スポンサーリンク