ネット証券と対面型証券会社の選択

どちらの証券会社がいいの?@

金ETF投資のための証券会社選びでは、
証券会社社員との濃厚な接触を望むのであれば、
伝統的な証券会社を選択するとよいと思われます。

 

というのは、次のような
総合的なサービスの点においては、
対面型証券会社のほうに一日の長があるからです。

どちらの証券会社がいいの?A

■アナリストのリポート

 

■その証券会社(営業担当者)しか知ることのできない情報に基づく推奨銘柄の提供

 

■かゆいところに手が届くような投資アドバイス...など

 

それとは反対に、ネット証券であれば、
営業担当者から推奨銘柄を勧誘する電話がかかってきたり、
人間関係のわずらわしさを感じたりすることはありません。

 

スポンサーリンク

金ETFしか取引しない場合は?

当面は金ETFしか売買しない
ということであれば、
ネット証券でも問題ないと思われます。

 

というのは、ネット証券でも、
株式ニュースやアナリストリポートは配信していますし、
「日経テレコン21」などの
情報サービスを利用できるところもあるからです。

ネット証券利用の場合の情報収集は?

ETFは上場商品ですから、
証券会社に頼らなくても、
最低限の情報収集は可能です。

 

具体的には、ネット証券のサイトや
東証、大証、管理会社(運営会社)のホームページにおいても、
日々、次のような情報だけでなく、

 

過去の基準価額・市場価格、値動きのデータなども
発信されています。

 

■ETFの設定に必要な現物株パスケット構成銘柄と、その数量
■ETF1口当たりの純資産総額(基準価額)
■ETF1口当たりの純資産総額(基準価額)と株価指数の終値の乖離率

 

スポンサーリンク