「金ミニ」を買いと売りから入る

「金ミニ」を買いから入るとは?@

「金ミニ」の価格が
将来的に上昇すると予測する場合に、
「金ミニ」を買い付けることから始めることになります。

 

この場合は、「金ミニ」「新規買い」で注文し、
取引を成立させ約定します。

「金ミニ」を買いから入るとは?A

ちなみに、「買い建て玉(かいたてぎょく)」とは、
この「買付け」の取引が成立した、
未決済の約定契約のことをいいます。

 

そして、この「買い建て玉」が約定した価格よりも値上がりし、
決済期日までに「売付け(転売)」という反対売買をして
差金決済をすれば、利益となります。

 

なお、もし「金ミニ」価格が値下がりし、
決済期日まで約定価格よりも下がったままですと、
決済期日までの間に「追加証拠金(追証)」
を差し入れる必要が発生したり、

 

その結果として、「建玉(ポジション)」を決済して
損失を確定させなくてはならなくなったりして、
損失を被ることになります。

 

スポンサーリンク

「金ミニ」を売りから入るとは?

「金ミニ」を売りから入るというのは、
高く売って安く買い戻すという方法で、
これは株式などと同様です。

 

具体的には、まず「金ミニ」「新規売り」で売り付けて
取引を成立させ約定します。

 

ちなみに、「売り建て玉(うりたてぎょく)」とは、
この「売付け」による取引が成立した、
未決済の約定契約のことをいいます。

 

そして、予想通りに
「売り建て玉」が約定した価格よりも値下がりし、
決済期日までに「買い付け(転売)」という反対売買をして
差金決済をすれば、利益となります。

 

なお、もし「金ミニ」価格が値上がりし、
決済期日まで約定価格よりも上がったままですと、
決済期日までの間に
「追加証拠金」を差し入れる必要が発生したり、

 

その結果として、「建玉」を決済して
損失を確定させなくてはならならなくなったりして、
損失を被ることになります。

「仕切り」とは?

「仕切り(しきり)」というのは、
差金決済で取引を終了することをいいます。

 

なお、「金ミニ」取引の場合、
もし、最終取引日の当限月納会日までに
決済されなかったときは、
「金標準取引」の最終帳入値段が最終決済価格となります。

 

スポンサーリンク