金先物ミニ取引とは?

金先物ミニ取引とはどのようなものですか?@

金投資には、
金地金などの現物取引以外に、
先物を取引する方法もあり、

 

「金先物ミニ取引(金ミニ)」でしたら、
1万円程度の証拠金で、
30万円に相当する取引が可能です。

金先物ミニ取引とはどのようなものですか?A

「金先物ミニ取引」というのは、
先物取引の一種なのですが、

 

この先物取引とは、
「将来のある時期(期日)に取引するときの価格を今決める取引」
のことをいいます。

 

また、約束の期日以前であれば
いつでも決済することが可能なので、
相場が予想通りに動けば
値動きの幅だけの収益を受け取ることができます。

 

具体的には、例えば、
金価格が期日までに上がると考えたときには
「買い」の契約をして、

 

価格が上昇した時点で売却すれば、
その差額が収益になります。

 

反対に、
金価格が下落すると考えるのであれば
「売り」の契約をして、

 

下落した時点で買い戻せば
収益が得られることになります。

 

このように、相場の状況に応じて
「買い」からでも「売り」からでも取引に入ることができるのは、
先物取引の大きな特徴といえます。

 

スポンサーリンク

金先物ミニ取引のメリットは?

先物取引では、少ない資金(証拠金)で
大きな取引をすることができるのですが、
これも、先物取引の大きな魅力の1つです。

 

具体的には、例えば、
金価格が1g当たり=3,000円のときに
現物を1kg買うには300万円の資金が必要になりますが、

 

2009年6月30日では、
標準の先物取引であれば10万5千円あればOKです。

 

また、「金先物ミニ取引」では、
より少ない資金で取引することが可能です。

 

実際、今なら1万4千円の証拠金で
1枚(100g)の「金」を取引することができます。

 

これは、もし金価格が1g=3,000円だとすると、
100gは30万円ですから、
証拠金の20倍以上の取引ができることになります。

 

ただし、先物取引には
決済期限(限月)が定められていますので、
期限までに相場が予想通りに動かないと、
損失が生じる可能性もあります。

 

スポンサーリンク