プラチナの産出国と供給量

プラチナの産出国は?@

プラチナの産出国というのは、
次の国別供給量などを見ますと、

 

南アフリカだけで
全供給量のうちの4分の3を供給しており、
パラジウム以上に片寄っているのがわかります。

プラチナの産出国は?A

<プラチナの国別供給量(2007年)>
■南アフリカ ⇒ 156.6トン(76.8%)
■ロシア ⇒ 28.3トン(13.9%)
■北米 ⇒ 10.0トン(4.9%)
■その他 ⇒ 9.0トン(4.4%)
■合計 ⇒ 203.9トン

 

ただし、南アフリカの生産量は
前年比では8.2トン減少しており、
また、次のような要因から、
すぐにでも生産が上向くとも見られていません。

 

■電気の供給量が安定しないこと
■労働者のストライキ
■施設・設備の老朽化
■ワールドカップ開催により、労働者が条件のいい
インフラ整備やサッカー場建設現場に移っていること...など

 

スポンサーリンク

プラチナ価格に影響を与える要因とは?

プラチナ価格は、短期的には、
金融・経済危機の影響により需要は横ばいになるものの、
中期的には、
自動車の排ガス触媒として増加が見込まれ、

 

また、長期的には、
燃料電池材料としての増加が見込まれます。

 

また、宝飾品需要は減退していくものの、
プラチナETFが伸長すれば、
投資需要は増加すると思われます。

 

さらに、ヘッジファンドなどの投資は、
金(ゴールド)と同様、
買いのときは価格上昇要因に、
売りのときは下落要因になります。

 

プラチナは、
自動車排ガス触媒であるパラジウム相場との
逆相関関係が強いので、互いに影響しあって、
上昇していく可能性もあります。

 

なお、南アフリカやロシアなど、
プラチナ産出国の状況を見ますと、
供給量が格段に増えるということはなさそうです。

 

スポンサーリンク