プラチナの宝飾品需要と価格

プラチナの宝飾品需要は?@

プラチナの用途別のシェアを見ますと、
自動車触媒がトップで、
次いで宝飾品需要が続きます。

 

ただし、宝飾品は、
プラチナ価格が高くなりすぎた反動や、
パラジウムへの代替が進んだこともあり、
年々減少しているようです。

プラチナの宝飾品需要は?A

ちなみに、宝飾品需要は
2000年には90トン弱ありましたが、
2007年は前年と比較して5.6トン減の45.4トン、

 

2008年はさらに減少して、
34.8トン程度となっており、
ここ10年で3分の1ほど減少したことになります。

 

なお、プラチナは、他にもガラス加工や
パソコンのハードディスクなどにも使用されていますが、

 

2007年のこれらすべてのプラチナ需要を合計すると、
前年比6.2トン増の207.6トンになっています。

 

スポンサーリンク

プラチナ価格のこれまでの推移は?

プラチナ価格は、1999年10月には、
1トロイオンス=332ドルでしたが、
2000年頃から上昇相場を描くようになり、

 

2005年には、
1000ドルを軽々と突破しています。

 

2008年には、
最大の産出国である南アフリカで大停電が発生し、
すべての鉱山が操業停止になり、

 

安定供給ができなくなったことで、
一段と価格上昇が加速し、
3月上旬には、
史上最高値の2308.8ドルをつけています。

 

しかしながら、2008年夏頃には
サブプライムローン問題が顕在化したことから、
プラチナ価格も暴落し、
同年10月には750ドルまで落ち込みました。

 

2008年夏までは、需要と供給のバランスで
価格は上下していましたが、

 

サブプライムローンショック以降は、
景気というファンダメンタルズな要因(経済の基礎的要因)に、
景気の先行きが暗いという心理的な要因が加わり、
価格が下落しています。

 

これを一時的な現象と見るのか、
それとも金融・経済危機の影響が
まだまだ続くとみるのかは意見の分かれるところです。

 

スポンサーリンク