プラチナ価格と弱気材料

今後のプラチナ価格の見通しは?@

プラチナ価格は、この10年間で急上昇しており、
2008年3月には1トロイオンス=2308.80ドル
という史上最高値をつけています。

 

ただし、その後は、
サブプライムローンショックやリーマンショックにより、
自動車販売台数が激減したことから、

 

プラチナ触媒の需要も減少し、
価格は下落しています。

今後のプラチナ価格の見通しは?A

とはいえ、世界的な景気低迷期にでさえ、
欧州の排ガス規制強化や
中国・インド経済の復調などがありますので、

 

2009年以降も
触媒にプラチナが使用される量は
少しずつ増えていくものと思われます。

 

さらに、米ビッグスリーの再建や、
北米経済の復活が数年内に果たされれば、
触媒としての需要は一挙に急騰すると予想されます。

 

スポンサーリンク

プラチナにとって弱気の材料とは?

プラチナにとって弱気の材料としては、
プラチナ価格の高騰に頭を悩ませている
自動車メーカーが脱プラチナを目指し、
研究開発を進めていることがあげられます。

 

具体的には、日産自動車は
名古屋大学との共同開発によって、

 

鉄系の代替物質を混ぜ、
プラチナ量を半減させることで、
浄化装置の低コスト化を図ることに成功しています。

 

ただし、5年後の実用化を狙っているものの、
プラチナを減らすことはできても、
完全に置き換えるまでには至っていません。

 

つまり、今のところは、
少プラチナ化が成功したとしても、
触媒としてのプラチナの重要性に変わりはないということです。

ETFS白金上場投信(プラチナETF)とは?

プラチナの現物地金を運用対象としているのが、
2009年8月24日に東京証券取引所に上場された、
ETFS白金上場投信(プラチナETF)です。

 

このプラチナETFは、
ロンドン白金・パラジウム市場のプラチナ価格
に連動するように設定・運用されています。

 

スポンサーリンク