プラチナETFの売買単位・管理報酬・必要な投資資金...

プラチナETFの売買単位・投資対象は?

プラチナETFの売買単位は、
1口(1口当たり、約0.1トロイオンスのプラチナ)です。

 

また、ロンドン地金市場協会(LBMA)
の規格に基づく、プラチナ地金
(ロンドン・プラチナ・パラジウム市場受渡適合品=グッド・デリバリー・バー)
を投資対象としています。

プラチナETFの管理会社は?

プラチナETFの管理会社等については、
次のような会社が務めます。

 

■管理会社:ETFSセキュリティーズ・リミテッド

 

■受益証券の発行体:ETFSメタル・セキュリティーズ・リミテッド

 

■受託会社:ザ・ロー・ディベンチャー・トラスト・コーポレーション・ピーエルシー

 

■カストディアン(保管会社):HSBC銀行USA

 

なお、プラチナETFは、
ロンドン証券取引所だけでなく、
ユーロネクスト・アムステルダム、ドイツ取引所、
ユーロネクスト・パリ、イタリア取引所でも重複上場しています。

 

スポンサーリンク

プラチナETFの管理報酬は?

プラチナETFの管理報酬は、
貴金属商品ETFの銘柄によって異なりますので、
確認の必要がありますが、年0.49%となっています。

 

なお、この管理報酬には、次のような費用が含まれています。

 

■管理会社、発行体、受託会社、カストディアンの手数料
■上場費用
■監査報酬...など

プラチナETFに必要な投資資金はいくらぐらいですか?

プラチナETFは、上場株式と同じように、
東京証券取引所の営業時間内であれば、
リアルタイムで売買することができます。

 

売買単位は一口なので、ネット証券でしたら、
証券会社への手数料を含めても、
1万数千円から取引を始めることができます。

 

ちなみに、上場初日の終値は11,840円でした。

 

スポンサーリンク