白金(プラチナ)の需要は?/プラチナ相場のトレンドは?

白金(プラチナ)の需要は?@

1735年に発見された白金(プラチナ)は、
金(ゴールド)に比べて歴史が浅く、
需要が本格化したのも
第二次世界大戦以降とされています。

 

最大の需要は、
自動車の排気ガス浄化装置の触媒など工業用で、
宝飾品としての需要は、
金に比べると非常に小さくなっています。

白金(プラチナ)の需要は?A

ただし、工業用としては、
環境対策に有効という見方から、
自動車用触媒の需要が拡大しています。

 

なお、プラチナの年間供給量は
金の10分の1程度にすぎないことから、
この希少性こそが最大の魅力であるといわれています。

 

スポンサーリンク

プラチナ相場のトレンドは?

プラチナの国際価格は、
2006年には、1347ドルの史上最高値をつけ、
金より1年以上も早く
1980年の高値(1045ドル)を更新しています。

 

さらに、2007年5月には
1353ドルとその後も高値を更新するなど、
歴史的な高値圏に突入してからも
勢いは衰えていませんでした。

 

ただし、米国のサブプライムローン問題を発端とする
世界同時不況により、自動車生産が激減したことから、
2008年以降はプラチナ相場も下げ基調となっています。

プラチナと金の大きな違いは?

プラチナには、金のような
通貨としての側面はありません。

 

なので、各国の中央銀行は、
金を準備資産として保有していますが、
プラチナを保有することはありません。

 

この点については、金とは大きく異なります。

 

スポンサーリンク