プラチナは中長期的保有?/価格変動リスクを抑えたプラチナ投資は?

プラチナは中長期的保有がセオリー?@

有史以来、プラチナの生産量というのは、
「金(ゴールド)」のわずか3%ほどしかなく、
年間供給量にいたっては
およそ20分の1にとどまっています。

 

このため、プラチナ価格の値動きは、
「金」と比較すると非常に粗くなる傾向にあります。

プラチナは中長期的保有がセオリー?A

しかも、プラチナは工業需要が多いので、
景気が上向くと大量の資金が流れ込み、
不景気なると一気に売られるのが特徴的です。

 

つまり、プラチナ相場は
金相場よりも読みにくいということがいえます。

 

それだけに、プラチナ投資は「金」と同様に、
中長期的な値上がり益を期待して
保有し続けるのがセオリーといえそうです。

 

中長期的に保有することで、
今後、世界経済が回復すれば、
自動車需要の拡大とともに、
プラチナ価格も上昇に転じることが期待されます。

価格変動リスクを抑えたプラチナ投資は?

今後、価格変動リスクを抑えながら、
効率よくプラチナ投資を始めたいという場合でしたら、
プラチナ積立を検討してみるとよいかもしれません。

 

プラチナ積立は純金積立と同様、
「ドル・コスト平均法」により、

 

価格が安いときには多く、
高いときには少なくプラチナを買い付けるため、
結果的にプラチナを割安に購入できるからです。

 

なお、プラチナ積立の毎月の最低積立額は
3,000円前後と手頃で、スポット購入もでき、
たまったプラチナは、
地金やコイン、ジュエリーなどに交換することも可能です。

 

スポンサーリンク