プラチナは景気の影響を受けやすい?

プラチナの供給量は?@

前述したように、プラチナは、
工業生産動向に影響されやすい商品です。

 

しかも、希少といわれている「金(ゴールド)」でさえ、
有史以来の生産量は
15万5000トンに達しているのに対して、
プラチナはわずか5100トンしかありません。

プラチナの供給量は?A

年間供給量も
「金」のおよそ4000トンを大幅に下回る
200トン前後しかないのです。

 

さらに、プラチナのおよそ90%は
南アフリカとロシアの2カ国のみで生産されており、
供給は不安定です。

 

こうした事情から、
プラチナ価格は、金価格以上に、
激しく動きやすい傾向にあるといえます。

 

スポンサーリンク

今後のプラチナ価格は?

2009年6月のプラチナ価格を見ますと、
比較的低水準にあるといえますが、
中長期的には上昇に転じることが期待されています。

 

これは、世界経済の回復とともに、
中国やインドなど
新興国の自動車販売が拡大すれば、
再びプラチナの需要が逼迫すると考えられるからです。

プラチナの用途別シェアは?

ジョンソン・マッセイ「プラチナ2009」によりますと、
プラチナの用途別シェアは、次のようになっています。

 

■自動車触媒…44.1%
■宝飾品…21.5%
■投資用…6.7%
■化学…6.2%
■ガラス…6.1%
■石油精製…3.9%
■電気…3.5%
■その他…7.9%

 

スポンサーリンク