プラチナ価格下落の理由は?

プラチナ販売量増加の理由は?@

プラチナの小売価格は、
2001年10月には、
1g当たり1,600円台であったのが、

 

2008年3月には、過去最高値の7,500円台へと
4.7倍も上昇しました。

プラチナ販売量増加の理由は?A

しかしながら、その後は値下がりに転じ、
2009年6月末時点では3,900円台と、
1年3か月ほどで
過去最高値の半値近くまで下落してしまいました。

 

ただし、ここでは割安感が強まり、
プラチナ投資を始める個人投資家が増加したようです。

 

ちなみに、ある地金商の
2008年のプラチナ地金の販売量は、
前年比で5倍以上に伸びたということです。

 

スポンサーリンク

プラチナ価格の下落要因は?

プラチナの価格が下落したのは、
世界的に需要が減退したからです。

 

もともとプラチナというのは、
宝飾品や投資対象としての需要が強い
「金(ゴールド)」とは違って、
需要のおよそ70%を工業用途が占めています。

 

中でも自動車の排ガス浄化触媒としての用途が
需要のおよそ40%にも達しており、

 

好景気とともに、
世界の自動車生産が拡大したことが、
今世紀に入ってからの
プラチナ価格上昇の要因となっていました。

 

しかしながら、米国のサブプライムローン問題を発端とする
世界同時不況により、自動車生産が激減したことから、
2008年以降はプラチナ相場も下げ基調となったのです。

 

スポンサーリンク