プラチナ価格の下落要因は?

プラチナ価格の推移は?@

それまで、ほぼ右肩上がりに
上昇の一途を辿ってきたプラチナ価格でしたが、
2008年夏頃になると、転換期を迎えます。

 

具体的には、6月に国内価格が、
月平均1g=7,000円台の最高値をつけたのをピークに
急降下し、12月には2,500円台へと下落しました。

プラチナ価格の推移は?A

この価格は2003年頃の水準であり、
一気に5年分も逆戻りしてしまったような状態でした。

 

その後はやや持ち直したものの、
一時のどこまで上昇していくのかといった状況からは
ほど遠いのが現状です。

 

スポンサーリンク

プラチナ価格の下落の要因は?

いうまでもなく、プラチナの価格下落の原因は、
世界的な景気後退と自動車販売の不振による
プラチナ需要減少にあります。

 

自動車メーカーは軒並み減産を強いられ、
いまだ先行きの見えない状態が続いているのです。

 

とはいえ、その一方で、
割安感からか、これをチャンスと見て、
プラチナ投資に向う資金が
劇的に増えている面も見逃せません。

 

ちなみに、現在、プラチナコインは
需要が急増し、品薄状態が続いており、
米国やカナダでの製造が追いつかないことから、

 

国内でも、新規での取り扱いを
休止するところが増えているようです。

プラチナ積立とはどのようなものですか?

プラチナ積立というのは、
純金積立とう同様の商品性を持ったもので、
毎月一定額を積み立てることで、

 

毎日少しずつ
プラチナを買い付けていく投資方法になります。

 

高いときには少なく、
安いときには多く買い付けるので、
ドル・コスト平均法により
買値がならされる効果があります。

 

さらに、資金に余裕のあるときには、
積立額を増額したり、通常の積立とは別に
「スポット購入」することもできます。

 

その場合、通常の積立でしたら必要になる
購入手数料が無料であったり、
もし購入手数料がかかる場合でも
安くて済むケースが多いので、

 

コストをおさえながら
プラチナの量を増やしていくことができます。

 

特に、価格が安くなったときに
スポット購入で買い増しをすると、
買い付け単価を下げる効果が得られます。

 

スポンサーリンク