東証と大証の金ETFの違いは?

金ETFとは?@

ETF(Exchange Trade Funds)というのは、
特定の指数に連動するように運用され、
証券取引所で取引される
「上場投資信託」のことであり、

 

金ETFとは、金価格にほぼ連動して
価格が変動する上場投資信託のことをいいます。

金ETFとは?A

この金ETFには、
次のようなメリットがあります。

 

■リアルタイムで取引ができる。
■指値注文や信用取引も可能。
■一般的な投資信託よりコストが安い。...など

 

スポンサーリンク

東証と大証の金ETFはどう違うのですか?

東証と大証の金ETFでは、
次のように異なります。

 

<東京証券取引所>
■名称:SPDRゴールド・シェア
■コード:1326
■設定時期:2008年6月
■最低購入金額:約1万円
■特徴
・金地金のロンドン取引価格に連動してます。
・2008年9月からは1口単位で投資可能になっています。
・価格は10分の1オンス単位の円建てで表示されます。

 

<大阪証券取引所>
■名称:金価格連動型上場投資信託
■コード:1328
■設定時期:2007年8月
■最低購入金額:約3万円
■特徴
・金の価格に連動する債券(リンク債)で運用されています。
・ロンドン金価格に為替レートをかけ、1グラム当たりに換算しています。

 

スポンサーリンク