金ETFはどのような金融商品?

ETFとはどのような金融商品ですか?@

そもそもETFというのは、株式と同じように、
証券取引所に上場されている
投資信託のことをいうのですが、

 

投資成果が特定の指標に連動するように商品化され、
株式指数などに連動して価格が変動します。

ETFとはどのような金融商品ですか?A

なので、株式と同様に
リアルタイムで売買することができ、
流動性が高くコストが安い
というメリットがあります。

 

欧米では、1990年代に誕生していますが、
年金資金などの受け皿として市場が急拡大しています。

 

日本では、1995年に新登場したものの、
株価指数に連動するタイプに限定されていたこともあり、
あまり浸透しませんでした。

 

しかしながら、規制緩和により連動対象が拡大し、
2007年に、金ETFの第1号が大阪証券取引所に、
翌年には、第2号が東京証券取引所に上場され、
金投資の新たな手段として注目されつつあります。

金ETFとはどのような金融商品ですか?

金ETFとは、
2007年に登場した投資商品ですが、

 

金価格の上昇はもちろん、
下落の局面においても利益を狙うことができる、
金価格連動上場投資信託です。

 

金ETFは株式と同じように、
証券会社を通じて時価で売買することができます。

 

また、最低購入価格は1万円、3万円前後と
手軽な金額で投資できます。

 

スポンサーリンク