金価格上昇で期待される金鉱株ファンドは?

国際金価格と金鉱株ファンドの関係は?@

国際金価格と金鉱株ファンド
を比較したグラフを見ますと、

 

金価格とほぼ連動する形で
金鉱株の株価が上昇し、
金鉱株で運用する金鉱株ファンドの基準価額も
この動きに沿って上昇していることがわかります。

国際金価格と金鉱株ファンドの関係は?A

ただし、基準価額の変動率は、
金価格よりも
金鉱株ファンドのほうが
大きくなる傾向にあるようです。

 

スポンサーリンク

日本で購入できる金鉱株ファンドは?

現在、日本で購入することができる金鉱株ファンドは、
次のブラックロック・ジャパンが設定する3種類ですが、
いずれも長期的には安定的な運用成績を上げています。

 

■ブラックロック・ゴールド・ファンド
・取扱証券会社や銀行は多いですが、手数料は異なります。

 

■ブラックロック・ゴールド・メタル・オープンA
・外貨建て資産について為替ヘッジを行い、為替変動リスクを軽減しています。

 

■ブラックロック・ゴールド・メタル・オープンB
・金埋蔵量や産金コストなどで割安銘柄を厳選してます。

 

なお、金価格が下落した2008年以降は、
軒並み基準価額を大きく下げていますが、

 

金価格の反転とともに上昇に転じ、
同年12月から翌年1月には、
基準価額が4〜5割近くもアップしています。

 

ちなみに、投信評価会社・モーニングスターの
「月間基準価額上昇率ランキング」では、

 

およそ1,500本の追加型投資信託の中で、
上記の3本が1〜3位を独占するなど、
再び注目を集めています。

 

ただし、金鉱という特定の産業に偏って投資するうえ、
為替ヘッジのあるタイプを除けば、
為替変動の影響を受けやすいことから、
価格変動のブレが大きいことも事実です。

 

よって、これらに投資する際には、
購入時期を分散するといった工夫も必要かと思われます。

 

スポンサーリンク