金(ゴールド)・プラチナのことなら!

外貨投資早分かりV「金(ゴールド)・プラチナ編」

金(ゴールド)というと、オリンピックの金メダル、小判、金の延べ棒など、どれも高価、高級なイメージがあります。

 

金(ゴールド)は、1g当たり3000円前後(2009年5月現在)で取引されていますが、具体的には、1円玉よりもひと回り小さいサイズのメイプルリーフ金貨※の小売価格は、およそ11,000円となっています。

 

では、なぜ金(ゴールド)はこのように高いのでしょうか?

 

これは、金(ゴールド)が美しく魅力的であり、また工業的な価値が大きいこともありますが、根本的な要因としては、
金(ゴールド)の量が限られている、すなわち、金(ゴールド)が非常に貴重な金属だからということがいえます。

 

※10分の1オンス=約3.1gです。

 

外貨投資早分かり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

免責

外貨投資早分かりで提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー