製造業指数の特徴と見方/相場への影響は?

製造業指数とはどのような指標ですか?@

製造業指数というのは、
実体経済の勢いを知る経済指標であり、
企業目線からの景気判断指数です。

 

この中でも特に注目されるのが、
米国の「ISM製造業景況感指数」です。

製造業指数とはどのような指標ですか?A

このISM製造業景況感指数は、
「全米供給管理協会」というところが、
米国の製造業の購買・供給管理の専門家
400人以上にアンケート調査を行い、

 

様々な調査項目に対して、1か月前よりも
「良くなっている」「同程度」「悪くなっている」
の3つの選択肢の中から1つを選んでもらい、
その集計結果を発表するものです。

 

スポンサーリンク

ISM製造業景況感指数の判断方法は?

ISM製造業景況感指数は、
50を上回ると景気拡大、
50を下回ると景気後退を示唆しています。

 

実体経済に即しているという意味において、
この指標は非常に注目度が高くなっており、
トレンド転換のきっかけにもなっています。

製造業指数と通貨の関係

次のような関係にあります。

 

■製造業指数が上昇 
⇒ 景気拡大を示唆 ⇒ 外貨が流入 ⇒ 通貨高

 

製造業指数が下落 
⇒ 景気後退を示唆 ⇒ 外貨が流出 ⇒ 通貨安

 

スポンサーリンク

製造業指数の相場への影響は?

製造業指数のような先行指標は、
トレンドの転換を示唆するケースが多いことから、
相場に強く影響を与えます。

 

特に、ISM製造業景況感指数については、
時期的にも、主要経済指標の中で
最も早く発表されますので、

 

注目度はさらに高まり、
実際の景気に先行した結果が出ると言われています。

 

事実、ISM製造業景況感指数は、
FRB(米連邦準備制度理事会)
の金利政策にも大きな影響を与えています。

 

ちなみに、米国の過去の金融政策においては、
ISM製造業景況感指数が50%を下回った時には、
これまで一度も利上げをしていません。

 

反対に、50%を大きく上回った時には、
利上げによって
金融引き締めを行うケースが多々見られます。

 

こうしたことからもわかるように、
ISM製造業景況感指数は、
相場の先行きを占う上で、
有効かつ重要な指標であるといえます。

 

スポンサーリンク