消費者物価指数の特徴と見方/日銀短観とは?

消費者物価指数とはどのような指標ですか?

消費者物価指数というのは、
モノやサービスの価格の上下を表す指標であり、

 

また、「コア指数」というのは、
価格変動が著しいエネルギーと
食品を除いた指数のことをいいます。

消費者物価指数の通貨への影響は?

次のように考えます。

 

■物価上昇のケース
⇒ 金融の引き締め ⇒ 金利の上昇 ⇒ 経済の好調を印象付ける ⇒ 通貨高

 

■物価下落のケース
⇒ 金融の緩和 ⇒ 金利の下落 ⇒ 経済の低迷を印象付ける ⇒ 通貨安

 

スポンサーリンク

消費者物価指数を見る際のポイントは?

次のような点がポイントとなります。

 

●その国の金利とインフレ率を
相対的に見ることが重要である。

 

●日本の場合、消費者物価指数は
2000年の平均値を100として、
各月のインフレ率を計算している。

日銀短観とは?

日銀短観は、
「良い」「さほど良くない」「悪い」
の3つの選択肢の中から
回答を選ぶ形式になっており、
3、6、9、12月の年4回発表されます。

 

この日銀短観は、
GDPなどと比べて
集計から発表までのタイムスパンが1か月と短く、

 

速報性に長けていることから、
突発的な相場材料になります。

 

また、景気以外にも、
製品需要や在庫、設備投資計画など
細かな資料が提出されることから、

 

日本の景気を測る上で
最も重要視される指標といえます。

 

スポンサーリンク