雇用統計の活用と見方/非農業部門雇用者数とは?

雇用統計とはどのような指標ですか?@

雇用統計というのは、
各国の雇用状況を数値化した
経済統計のことをいうのですが、

 

為替市場では、
特に、米国の雇用統計が注目されています。

雇用統計とはどのような指標ですか?A

米国のGDPは、
世界のおよそ30%を占めており、
そのうちのおよそ70%が
個人消費となっています(2008年時点)。

 

つまり、米国の雇用の悪化は、
次のような流れを作り出すのです。

 

⇒ 米国の個人消費の悪化 ⇒ 景気減速 ⇒ 世界経済の減速 ⇒ 投資家のリスク許容度の悪化

 

スポンサーリンク

雇用統計の注目ポイントは?

雇用統計は、
失業率や製造業就業者数など
10数項目に分かれているのですが、

 

その中でも「非農業部門雇用者数」は、
短期的に意識されます。

 

また、長期的には、失業率が注目されます。

 

<非農業部門雇用者数と失業率について>
■非農業部門雇用者数
・・・農業以外で働く人の数

 

■失業率
・・・労働人口に占める失業者の割合

雇用統計と通貨との関係は?

次のようになっています。

 

■雇用状況が好調 ⇒ 景気の好調さを印象付ける → 通貨高
■雇用状況が悪化 ⇒ 景気の悪さを印象付ける → 通貨安

 

スポンサーリンク

非農業部門雇用者数とはどのような指標ですか?

雇用統計の項目中の
「非農業部門雇用者数」
というのは、

 

その名の通り、
農業以外の部門に属する事業者の
給与支払い帳簿を元に雇用者数を統計したもので、
前月比が基本になります。

 

よって、投資戦略としては、事前予想と見比べながら、
短期的な上昇・下落を予想し、
数十分から数日のスパンで
取引を終了させるのが妥当と思われます。

失業率にはタイムラグがある

非農業部門雇用者数よりも
失業率の方がわかりやすいと思う人もいるかもしれませんが、
実は、景気が悪化しても
すぐに解雇される人というのは少ないので、

 

解雇→失業という流れにはタイムラグがあり、
短期的な材料にはならないのです。

 

よって、失業率は、どちらかといえば、
その国の金融政策に影響を及ぼしますので、

 

失業率が増えると、
金利を含む経済政策の変更があるのではないか?
と考えてみる方が得策といえます。

 

スポンサーリンク