貿易収支の特徴と見方/米国の貿易赤字

貿易収支とはどのような指標ですか?@

貿易収支というのは、
輸出額から輸入額を差し引いたものをいい、
貿易における利益が
どの程度なのかを測る数値として注目される指標です。

 

なお、貿易収支には、次の3項目があります。

貿易収支とはどのような指標ですか?A

■貿易・サービス収支 
例えば、自動車やパソコンなどの輸出入や旅行などをはじめとして、
通信、建設、保険、金融関係などが含まれます。

 

■所得収支
■経常移転収支

 

スポンサーリンク

貿易収支を見る上でのポイントは?

貿易収支を見る際には、
次のようなシナリオを考えるようにします。

 

■貿易黒字拡大のケース 
・その国の経済が好調 ⇒ 株式市場に外資流入 ⇒ 通貨高

 

■貿易赤字拡大のケース
・その国の経済が不調 ⇒ 株式市場に外資流出 ⇒ 通貨安

米国の貿易赤字について

米国の貿易赤字が
しばしば取り上げられますが、

 

これについては今に始まったことではありませんので、
単に赤字になったというだけでは
相場への影響はほとんどありません。

 

よって、事前予想との比較によって、
相場へのインパクトを測るようにしたいところです。

 

スポンサーリンク

貿易収支はどのように捉えたらよいのですか?

貿易収支というのは、わかりやすく言うと、
「その国が貿易でどれだけ儲けているのか」
という指標です。

 

貿易収支が黒字であれば、
単純にその国は景気がいいと判断され、
通貨が買われますが、

 

輸出額が黒字の場合には、
市場は次のように捉えます。

 

⇒ 日本の企業が国内で製品を作り、米国に輸出してドルを得る。
     ↓
⇒ 日本企業は従業員の給料や製品を生成するためのコストなどを、
日本円で支払う必要がある。

     ↓
⇒ ドルを円に換金する必要があり、総体的に円高ドル安になるのではないか?

 

スポンサーリンク