スワップ金利のメカニズム/スワップポイント狙いのリスクは?

お金は高金利の国へ向かうとは?@

例えば、米国の金利が3%で、
日本の金利が1%だとしたら、
多くの人は、
米国に預金しようと思うのではないでしょうか?

 

また、高金利の国は、
今現在、景気が堅調であると考えることもできますので、
この国に投資しておけば大丈夫だという安心感にもつながり、
結果としてさらにその国の通貨が買われるわけです。

お金は高金利の国へ向かうとは?A

このようにグローバルで見ますと、
世界のマネーは、
高金利の国へ向かう性質があるということがいえます。

 

スポンサーリンク

スワップポイントとはどのようなものですか?

スワップポイントというのは、
FX取引における
2つの通貨間の金利差のことをいいます。

 

現在、日本は
超低金利政策が続いていますので、
多くの国と比較して低金利です。

 

よって、例えば、金利の高い豪ドルなどを
日本円で買って保有していれば、
毎日スワップポイントを受け取ることが可能です。

スワップポイントのメリットは?

スワップポイントは、短期間では少額であるものの、
中長期でポジションを持つ時には多額になってきます。

 

また、スワップポイントは、保証金の額ではなく
「レバレッジ」を加味した
取引金額に対して付いてきますので、

 

高いレバレッジをかけた投資の場合には、
大きなメリットとなります。

スワップポイント狙いのリスクは?

高金利通貨による
スワップポイント狙いの投資もありますが、

 

だからといって単に
「高金利の国の通貨だから」
という理由で、安易に買ってしまうのは危険です。

 

というのは、実際、日本は
超低金利政策を実施していますので、
金利が高く有利に思える国は数多くあるのですが、

 

金利が高いからといって
それだけで世界中の資金が集中するわけではないからです。

 

この場合、金利とインフレ率(物価上昇率)を
バランスよく見る必要があります。

 

スポンサーリンク