中央銀行の金融政策/金利と景気の関係は?

金利とは?@

金利とは、
お金を借りたときに発生する
「利子(利息)」のことをいいます。

 

多くの企業は、銀行と取引、
すなわち銀行から融資を受けています。

金利とは?A

これは、企業は、
どうしても商品を生み出すために
多額の設備投資をする必要があり、

 

そのために銀行から
お金を借りなければならないからです。

 

なので、このお金を借りる際の金利が、
高い(高金利)のか、あるいは安い(低金利)のか
という問題が非常に重要になってくるのです。

 

スポンサーリンク

中央銀行が金利を決定する

金利を決めているのは、
各国の中央銀行※であり、
それぞれの国の金融政策によって、
利率を変動させています。

 

※日本の場合は、日本銀行です。

金利と景気の関係は?

金利は景気のバロメーターであり、
次のような流れになります。

 

■金利上昇
   ↓
■企業の資金調達コスト上昇
   ↓
■企業活動低下
   ↓
■企業の収益減退
   ↓
■景気悪化

 

なお、100年に一度といわれる金融危機の後は、
ほとんどの先進国が金利の引下げを敢行しています。

リカップリングとは?

リカップリングというのは、
世界各国の経済が、
米国経済と強い関連性があるということをいいます。

 

この証拠としては、2008年以降、
米国内で起きた金融不安は、
すぐさま世界中に派生したということがあげられます。

 

スポンサーリンク