物価と為替の関係/物価上昇は売り材料?

物価と為替にはどのような関係にあるのですか?@

政府というのは、
物価をバランスのいい状態に維持しようと心掛けます。
つまり、物価を高すぎず、安すぎずというように。

 

しかしながら、物価は様々な要因によって
バランスの悪い状態になってしまうことが多々あります。

物価と為替にはどのような関係にあるのですか?A

例えば、2008年後半にも、
原油価格の上昇を受けて日本の物価は上昇しました。

 

物価が上昇するとは、言い換えれば
「お金の価値が下がる」
ということなので、

 

例えば、100円で買えたハンバーガーが、
200円出さなければ
買えなくなってしまうことを意味します。

 

このことは、
為替相場に大きな影響を及ぼします。

 

スポンサーリンク

物価はどのように為替に影響を与えるのですか?

為替市場には
「購買力平価」
という考え方があります。

 

これによると、
例えば、1個100円のハンバーガーが
米国で1ドルだったとすると
「1ドル=100円」ですが、

 

日本の物価が上昇して
同じハンバーガーが1個200円になったとすると
「200円=1ドル」となりますので、
一気にドル高が進んだと考えることができます。

 

ちなみに、このような不安定な通貨は、
誰も持ちたくありませんので、

 

物価が上昇するリスクは、
為替相場では
「売り材料」と捉えられるのです。

物価上昇は売り材料?

物価が上昇すると、
その国の通貨は売られやすくなります。

 

反対に、
物価水準が安定あるいは下落していると、
その国の通貨は買われやすくなります。

 

スポンサーリンク