トレンドラインの引き方と売買サイン

トレンドラインを引くポイントは?@

トレンドラインを引く際には、
次のようなことに注意する必要があります。

 

■ヒゲは無視する 
為替は24時間動いているので、
ヒゲの信頼性は高くないからです。

トレンドラインを引くポイントは?A

■正確すぎない 
トレンドラインには、
特にこれが正解といった引き方はありませんので、
自分がわかりやすいように引けばよいのです。

 

トレンドライン

 

よって、あまり正確に引こうと思わなくて大丈夫です。

 

なお、より有効なトレンドラインを引くためには、
3つから4つの安値、
あるいは高値を結べるようなラインが引ければ、
確度がさらに増します。

 

ちなみに、多くの安値あるいは高値を結べるということは、
過去において何度も、
そのトレンドラインが示す価格以上には下がらない、
または、それ以上まで上がらないということなので、

 

サポートライン、あるいはレジスタンスラインとして
十分に機能していることになるのです。

これらの売買サインは?

上昇トレンドでは、
サポートライン(下値指示線)まで
為替レートが下がったときが「買い」サインとなります。

 

逆に、下降トレンドでは、
レジスタンスライン(上値抵抗線)まで
為替レートが上昇したときが「売り」サインとなります。

 

ただし、為替レートが
トレンドラインを突き抜けてしまった場合は、
新たなトレンドに転換した可能性が高くなります。

 

つまり、為替レートがサポートラインを下に抜けたら、
上昇トレンドから下降トレンド入りしたと判断し、
また、レジスタンスラインを上に抜けたら
下降トレンドから上昇トレンド入りしたと判断します。

 

スポンサーリンク