移動平均線と値動きによる売買シグナル

値動きによる売買シグナルにはどのようなものがありますか?@

移動平均線が下降を続けた後に、
横ばいまたは上向きかけている状態で、
現在の相場が移動平均線を上に抜いてきた場合には、
買いのシグナルとされます。

 

反対に、移動平均線が長い期間上昇を続けた後に、
横ばいまたは下向きかけている状態で、
相場が移動平均線を下に抜いてきた場合には、
売りのシグナルとされます。

値動きによる売買シグナルにはどのようなものがありますか?A

また、上昇している移動平均線に向かって、
相場が下降したものの、
移動平均線を割ることなく
上昇に転じた場合は買いのシグナルとされます。

 

反対に、下降している移動平均線に向かって
相場が上昇したものの、
上に抜けることなく下落した場合には
売りのシグナルとされます。

 

このように、移動平均線と値動きとの相関関係から
買いシグナル・売りシグナルを予測する方法もあります。

 

移動平均線クロス

 

スポンサーリンク

ゴールデンクロスとは?

ゴールデンクロスというのは、
短期の移動平均線が長期の移動平均線を
下から上に突き抜けるポイントのことをいいます。

 

一般的にゴールデンクロスは、
上昇トレンドへの転換を示すといわれ、
買いサインとみなされます。

 

ただし、
ゴールデンクロスが形成されるまでは上昇していたのに、
形成直後に下落するケースもありますので、
あまり過信しない方が無難です。

デッドクロスとは?

デッドクロスというのは、
短期の移動平均線が長期の移動平均線を
上から下に突き抜けた状態のことをいいます。

 

一般にデッドクロスの形成は、
下降トレンドへの転換を示すといわれ、
売りサインとみなされます。

 

ただし、
デッドクロスが形成されるまでは下降しながら、
形成直後に上昇に転じるケースもありますので、
トレンドの判断には慎重さが要求されます。

 

スポンサーリンク