長期・中期・短期の期間戦略

投資期間は総合的に判断する

FXトレードにおいては、
まずは投資期間を明確にすることが基本になります。
よって、次のようなことから、
総合的に投資期間を判断します。

 

■FX取引における考え方
■振り分けられる資金
■FXにかけられる時間
■とれるリスク...など

長期スタンスとは?

長期スタンスの明確な定期はありませんが、
長ければ、
数年単位で保有し続けることもあります。

 

また、高金利通貨国から
スワップポイントを受け取り続ける方法が有効になりますが、
レート急変には注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

中期スタンスとは?

数週間〜数か月の
中期スタンスで考えるのであれば、
明確なトレンドに乗りやすく、戦略も練りやすいです。

 

また、チャート活用やテクニカル分析が
収益増に繋がりやすいですから、
自分の得意通貨を作って
集中的に利益を狙うのも一つの戦略です。

短期スタンスとは?

短期スタンスの場合は、
数分ごとに売買を繰り返すスキャルピング、
日をまたがずに決済するデイトレ、
2〜3日から1週間程度のスイングごとに、
小さなトレンドへの乗り方も変わってきます。

 

また、早めの撤退、損切りの順守、
コスト意識の徹底を心がけるのは必須であり、
短期で抱えた含み損を中長期に持ち越すのは論外です。

 

スポンサーリンク