長期・中期スタンスの戦略の立て方・売買方法は?

長期スタンスの戦略はどのように立てたらよいですか?

FXで長期スタンスといった場合には、
長くても数年となりますので、
過去数十年のスパンにおける
為替相場から考えることになります。

 

よって、長期の戦略としては、
取引対象の国と通貨について徹底的に調べ、
よほどのことがない限りは、
買いか売りかを簡単に変えないようにするべきといえます。

今後の具体的な長期戦略は?

1071年に
変動相場制が取り入れられる以前は、
1ドル=360円の固定相場でした。

 

これを30数年という超長期スパンで見ますと、
成長過程にあった日本の通貨の価値は、
驚くべき速さで上昇し続けていたことになります。

 

対米ドルでいえば、1990年8月を最後に、
1ドル=150円以上になったことは
一度もありません。

 

最近では、2008年3月に
1ドル=100円を13年ぶりに割り込み、
その年の10月に再度100円をつけると、
あっという間に90円を割り込みました。

 

このようなことから考えられることは、
経済的に成熟した日本の円が、
アメリカのような同じ成熟国通貨に対して、
極端な値動きをすることは考えにくいということです。

 

つまり、今後FXトレードを
数年スパンで行っていくつもりの人は、

 

かつての日本のように
高度成長期にある新興諸国通貨と
長く付き合っていく方が、
大きく儲けるという意味では可能性があるということです。

 

スポンサーリンク

中期スタンスの戦略はどのように立てたらよいですか?

どの程度の期間の投資を
中期スタンスというのかについては
明確ではありませんが、

 

一般的には、
数週間から1年程度のことを指す場合が多いです。

 

そして、投資家ごとに
投資に割ける時間や環境はさまざまですから、
一概にはいえませんが、

 

この中期スタンスという投資期間が
最も戦略立てたFX投資に向いていると思われます。

 

というのは、FXで儲けるためには、
何よりもまず
為替相場のトレンドを認識することが重要であり、

 

そのトレンドに乗って売買することが
勝利への近道だからです。

具体的な売買方法は?

買いでも売りでもトレンドに乗り、
適切なタイミングで決済することが重要ですが、
それに必要となるのが、
チャート活用によるテクニカル分析になります。

 

つまり、中期スタンスで臨むには、
チャートの有効活用が欠かせないわけですが、

 

これは言い換えれば、
チャートによるテクニカル分析さえしっかり押さえれば、
最も安定して収益を上げやすいということがいえます。

 

スポンサーリンク