米国経済指標(米雇用統計、ADP雇用報告)/新規失業保険申請件数とは?

米雇用統計の注目度は?@

米雇用統計は、
毎月第1金曜日に発表される経済指標ですが、

 

円/ドルやユーロ/ドルなどの
クロスドルを売買している投資家にとっては、
絶対に注視しなければならない指標といえます。

米雇用統計の注目度は?A

この米雇用統計で、
特に話題になるのは、
非農業部門就業者数の増減なのですが、

 

基本的には、非農業部門就業者数が
事前予想よりも改善している場合には、
ドルが買われる傾向にあります。

 

ただし、就業者数が減少していれば
必ず相場が下落するというものでもありません。

 

というのは、その減少の度合いが
事前予想よりもはるかに小さい場合には、
あまり相場には影響しないからです。

 

スポンサーリンク

米雇用統計発表日の相場の動きは?

おおむね米雇用統計発表日は、
雇用統計(非農業部門就業者数)
が、

 

事前予想よりも上回ると、
米ドルが上昇して引け、
下回ると下落して引ける傾向にあるようです。

ADP雇用報告とはどのような指標ですか?

ADP雇用報告というのは、
2006年より民間の会社が発表している労働指標で、
こちらも注目度の高い指標の1つです。

新規失業保険申請件数とはどのような指標ですか?

新規失業保険申請件数というのは、
毎週木曜日に出される数値で、
これは文字通り
新しく失業保険を申請した人の人数です。

 

基本的には、申請件数が増加すれば、
失業者が増えたことになりますから
ドル安材料になり、

 

反対に、
減少した場合には、ドル高材料になります。

 

ただし、実際の雇用統計の結果とは
異なる場合もありますので、過信は禁物です。

 

スポンサーリンク