超低金利時は「株高=円安」/日本円関する重要指標は?/輸出関連株とは?

株高になると円高?円安?@

日経平均株価をはじめ、
日本株の堅調は、
基本的には円高要因になります。

 

ただし、必ずしも、
そうとはいえない場合もありますので
注意が必要です。

株高になると円高?円安?A

というのは、2005年後半に、
日経平均株価が好調を続けた時期は、
円は対ドルや対ユーロなど、
主要通貨で続落したからです。

 

これは、海外投資家などが、株式を購入する際に、
新たに円を調達するのではなく、
超低金利で借り入れた円資金で取引している投資家が
多かったからではないかといわれています。

 

つまり、日本はゼロ金利に近い状態でしたから、
自国通貨をわざわざ円に転換するよりも、
借りた方が安くつくと考えたということです。

 

このため、外国資金が
円に転換されないまま株が買われ、
株高であるのに、円安が進んだのです。

 

そのことによって、
さらに国内の輸出関連株が上昇し、
ますます株高と円安の傾向が強くなっていったのです。

 

よって、超低金利のときの日本円については、
「株高=円高」
とは、必ずしもいえないということになります。

 

スポンサーリンク

日本円関する重要指標は?

日銀短観や日経平均株価は、
日本の経済指標の中でも特に重要なものですが、

 

次のような経済指標も、
日本円はもとより、
他の通貨の相場を動かす要因となりますので、
毎回、欠かさずチェックしたいところです。

 

■鉱工業生産 
■小売売上高 
■機械受注 
■失業率
■消費者物価指数...など

輸出関連株とはどのような株のことをいうのですか?

輸出関連株というのは、
輸出による収益が占める割合の
高い企業の株式のことをいいます。

 

こうした輸出関連株には、
自動車や家電、精密機械などのメーカーに多いです。

 

これとは反対に、電力会社や商社は、
輸入に依存する収益の割合が高く、
このような企業の株のことは「輸入関連株」といいます。

 

スポンサーリンク