カントリーリスク・地政学的リスク/口先介入とは?

カントリーリスクとはどのようなリスクですか?@

カントリーリスクというのは、
海外の国に投融資を行う際に、

 

その相手国における
政治、経済、地理、環境等の面からみて
生じうるリスクのことをいいます。

カントリーリスクとはどのようなリスクですか?A

このカントリーリスクが高ければ高いほど、
投資した資金の回収が
困難になる確率も高くなります。

カントリーリスクにはどのようなものがありますか?

カントリーリスクには、
具体的には、次のようなものがあります。

 

■インフレ
■政策変更による外貨規制
■景気の大幅な減速
■テロや内乱等による政情不安...など

 

スポンサーリンク

カントリーリスクが高い国は?

一般的に、
カントリーリスクが高い国としては、
開発途上国があげられることが多いです。

地政学的リスクとは?

地政学的リスクというのは、
地理的条件と政治的条件が
複雑に絡み合って生じるリスクのことをいいます。

口先介入とはどのようなものですか?

口先介入というのは、
実際に介入を行うわけではありませんが、

 

中央銀行のトップや財務関係省庁の要職についている、
いわゆる要人と呼ばれる人たちが、
意図的に、
為替相場に影響を及ぼすような発言をすることをいいます。

具体的な口先介入は?

例えば、
日本の財務大臣などが円高を牽制するために、
「急激な円高には断固対処する準備がある」
などと発言したり、

 

ユーロが急上昇したときに、ユーロ圏の要人が
「柔軟な為替相場が必要だ」
などという主旨の発言を行い、
ユーロ高を牽制するなどがあります。

 

スポンサーリンク