FXと外貨預金の異なる点は?

FXと外貨預金の違いは?@

FXは、円を売って外貨を買う取引をする場合には、
円を外貨に替えて預金する外貨預金と同じです。

 

なので、どちらも
円キャリー取引と呼ばれる投資に分類されます。

 

しかしながら、FXと外貨預金では、
レバレッジがかけられるのか、
かけられないのかという点が決定的に異なります。

FXと外貨預金の違いは?A

外貨預金は、
レバレッジをかけることができませんので、

 

投資家が預け入れた日本円の範囲内で
外貨を購入し、
その外貨を外貨預金口座に預けます。

 

例えば、手数料を考えない場合には、
1ドル=100円の為替レートでは、
100万円で1万ドルの外貨預金をすることができます。

FXの場合は?

これに対して、
FXは、レバレッジをかけることができますので、
FX会社に証拠金を差し入れると、
その証拠金の何倍もの外貨を買うことができます。

 

上記の例ですと、
証拠金100万円で
10倍のレバレッジをかけるのであれば10万ドル、
50倍のレバレッジをかけるのであれば50万ドル買うことができます。

 

ちなみに、レバレッジの倍率というのは、
FX取引業者によって幅が異なりますが、
設定された範囲内で投資家が自由に選択可能です。

 

また、FXでは、
外貨預金とは異なり、円を買うこともできます。

 

スポンサーリンク