FXのレバレッジとマージンコール...

FXのレバレッジとは?@

FX(外国為替証拠金取引)は、
文字通り証拠金を担保としてFX会社に指し出し、
自分の欲しい通貨を買い付けるという取引です。

 

FX会社によって、
この買い付けられる金額というのは異なりますが、
差し入れた証拠金の数倍から数百倍程度までを
自由に設定できます。

FXのレバレッジとは?A

つまり、投資家は、
自己資金の何十倍、何百倍もの資金を
動かすことができるということです。

 

このことをFXでは「レバレッジ効果」といいます。

 

レバレッジというのは、
直訳すると「てこの力」のことですが、

 

小さな力で大きな効果を発揮するという意味になり、
少ない元手で
大きなリターンを得ることが可能ということです。

 

なお、レバレッジ効果を発揮することを、
レバレッジが効いているといいます。

 

スポンサーリンク

具体的には?

例えば、証拠金10万円で、
レバレッジ5倍の取引といった場合には、
50万円まで通貨を購入することができますので、

 

仮に1ドル=100円だとしたら、
5,000ドル(5,000ドル×100円=50万円)
の取引ができるということになります。

 

また同様に、レバレッジ10倍の取引でしたら、
100万円まで通貨を購入できますので、

 

仮に1ドル=100円だとしたら、
1万ドル(1万ドル×100円=100万円)
の取引ができるということになります。

マージンコールとは?

マージンコールというのは、
為替の評価損が発生すると、
証拠金の維持率が減少します。

 

証拠金を一定の維持率に保つために、
追加の証拠金が必要になります。

 

スポンサーリンク