24時間取引と三大市場

外国為替市場の取引時間は?@

ひと昔前ですと、
外国為替取引というのは、
ほとんどが電話で行われていました。

 

しかしながら、現在では、ほとんどの取引が
コンピューターの通信ネットワークの
スクリーンを通じて瞬時に行われています。

外国為替市場の取引時間は?A

通信端末は、全世界につながっていますので、
24時間いつでも取引が行われているのです。

 

よって、端末さえもっていれば、
いつでも最新情報を引き出すことが可能です。

世界の三大市場とは?

世界の国々には時差があります。

 

同様に、外国為替取引にも
その市場によって時差があり、
地球をぐるぐる回りながら取引が行われています。

 

その中でも、
ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場は、
世界の三大市場と呼ばれています。

 

ちなみに、東京外国為替市場は、
ロンドンとニューヨークに次いで、
世界第3位の規模を誇ります。

 

スポンサーリンク

相対取引とは?

相対取引というのは、
売り手と買い手が相対で交渉し、
値段、数量、決済方法などの
売買内容を決定する取引方法のことをいいます。

外国人投資家とは?

外国人投資家というのは、
外国の個人投資家、
あるいは機関投資家のことをいいます。

 

ただし、一般的に外国人投資家という場合は、
外国の機関投資家や大口の投資家を指すことが多く、
その場合の主体は、
年金基金やヘッジファンドとなります。

 

日本企業の株は、
保有資産や技術力等からみて割安なことなどもあって、

 

外国人投資家による
日本株の保有比率は拡大傾向にあり、
無視できない存在となっています。

 

スポンサーリンク