通貨の需要と供給とは?

通貨の需要と供給について@

為替レートというのは、
需要と供給の力関係で決まります。

 

ドルに対する需要が供給よりも多ければ、
つまり、ドルを買いたい人がの方が、
売りたい人よりも多ければ、ドルの値段は上昇します。

通貨の需要と供給についてA

反対に、
ドルに対する供給が需要よりも多ければ、
つまり、ドルを売りたい人の方が、
買いたい人よりも多ければ、ドルの値段は下落します。

貿易ではどうなりますか?

貿易は、
通貨の需要と供給に大きな影響を与えます。

 

日本の企業が電気製品や自動車を
アメリカに輸出すると、
その代金はドルで受け取ります。

 

そして、ドルを受け取った日本の企業は、
そのドルを銀行で円に替えます。

 

これは、ドルは日本の通貨ではないため、
そのままでは、日本国内の従業員の給料や
材料費など様々な支払いに使用できないからです。

 

このように、輸出企業は
受け取ったドルを円に替えようとドルを売りますので、
輸出が増えると
ドルの供給が増えて円高ドル安の要因の1つになるのです。

 

<輸出の増加>
■輸出企業はドルを受け取る。
     ↓
■ドルを売って円を買う(ドルを円に交換する)。
     ↓
■円高ドル安(円は上昇しドルは下落)

 

スポンサーリンク