円高と円安の意味は?

円高と円安とは?@

1ドルが100円から90円になれば、
ドルが安くなったからドル安で、
1ドル100円から110円になれば、
ドルが高くなったからドル高ということになります。

 

では、なぜ1ドルが100円から90円になると円高で、
110円になると円高なのでしょうか?

円高と円安とは?A

これは、
円高と円安というのが
ドルを基準にした呼び方だからです。

では、円を基準にするとどうなるのですか?

上記では、ドルを基準にして
1ドルの値段が100円から90円に下がればドル安、
110円に上がればドル高としましたが、
円を基準にすると次のようになります。

 

■1ドル=90円ということは、1円=0.01111ドル(1ドル÷90=0.01111)

 

■1ドル=110円ということは、1円=0.00909ドル(1ドル÷110=0.00909)

 

■1ドル=100円ということは、1円=0.01000ドル(1ドル÷100=0.01000)

 

つまり、1ドルが100円から90円になるということは、1円が0.01000ドルから0.01111になるということです。

 

これは、円の値段が
0.01ドルから0.01111に値上がりしたわけですから、
円が高くなった、
すなわち「円高」ということになるのです。

 

反対に、1ドルが100円から110円になるということは、
1円が0.01000ドルから0.00909になるということです。

 

これは、円の値段が
0.01ドルから0.00909に値下がりしたわけですから、
円が安くなった、
すなわち「円安」ということになります。

 

スポンサーリンク