通貨の値段とは?/基軸通貨と為替レート...

通貨の値段とは?@

よくテレビのニュースで、
「昨日110円だったドルが買われ、現在の東京外国為替市場の円相場は108円で、
昨日に比べ2円の円高ドル安です」

といった報道を耳にしたことがあるかもしれません。

 

これは、円の値段が高くなって、
ドルの値段が安くなったということを意味しています。

通貨の値段とは?A

つまり、モノに値段があるように、
通貨にも値段があるということです。

 

例えば、1個110円だったリンゴが
100円になれば値段は安く、
120円になれば高くなったということです。

 

これと同様のことが、通貨にもいえるのです。

基軸通貨と為替レート

一般に、外国為替相場を表示するときには、
1ドル=○○円というようにドルを基準にして表示します。

 

これは、世界でドルが最も信頼されているのと同時に、
世界中で流通している通貨だからです。

 

そして、ドルが果たしている
このような役割の通貨のことを「基軸通貨」と呼びます。

 

スポンサーリンク

TTSとは?

TTSは、Telegraphic Transfer Selling Rate の略で、
銀行などの金融機関が顧客へ提示する
外貨の売りの価格のことをいいます。

 

TTSは、電信売相場です。

TTMとは?

TTMは、Telegraphic Transfer Middle Rate の略で、
銀行などの金融機関が顧客への
外貨決済の基準価格のことをいいます。

 

TTMは、仲値です。

TTBとは?

TTBは、Telegraphic Transfer Buying Rate の略で、
銀行などの金融機関が顧客へ提示する
外貨の買いの価格のことをいいます。

 

TTBは、電信買相場です。

 

スポンサーリンク