外国為替とFX、終値、SFA...

外国為替とFX@

外国為替というのは、
異なる通貨を交換することです。

 

日本でしたら円、アメリカでしたらドルというように、
世界の国々にはそれぞれ独自の通貨があります。

 

その中でも、ユーロは例外的な通貨ですが、
それでも基本的には、その国の中でしか通用しません。

外国為替とFXA

よって、海外旅行する時や
他の国と貿易を行ったりするときには、
自分の国の通貨を
相手の国の通貨に交換しなければなりません。

 

このように、異なる通貨に交換することを外国為替といい、
また、略して外為(がいため)ともいわれます。

 

また、交換する比率のことを
外国為替相場、または為替レートといいます。

 

例えば、1ドル=100円とか、
1ユーロ=130円とかいう為替レートは、
「1ドルは100円と交換できる」
「1ユーロは130円と交換できる」
という意味です。

 

これは、
「1ドルを100円で買えます」
「1ユーロを130円で買えます」
と言い換えることも可能です。

 

つまり、通貨は、売ったり買ったりして交換しているのです。

終値(おわりね)とは?

終値というのは、
ある一定期間を考えたときの最後の価格のことです。

 

例えば、営業日終了時の価格などです。

SFAとは?

SFAは、
The Securities and Exchange Commission の略で、
米国証券取引委員会のことです。

 

このSFAは、米国の連邦監督機関で、
証券業関連法の監督と行政を司ります。

 

スポンサーリンク