FXの市場規模・口座数は?

FXの市場規模は?@

最近、個人投資家のFX市場への参加が
急激に拡大しています。

 

FXの顧客からの預り残高を見ますと、
2001年は323億円でしたが、
その後、2004年までは前年と比べておよそ倍増し、

 

2005年以降も、前年比5割増と着実に伸び、
2007年には6,133億円となっています。

FXの市場規模は?A

ちなみに、2007年半ばに、
アメリカでいわゆるサブプライム問題が発生し、
多くのFX投資家が打撃を受けましたが、
その後もFXの市場規模は拡大しています。

FXの口座数は?

FXの口座数については、
使用されていない休眠口座を含めると、
2001年3月時点では、
わずか11,000口座だったのが、

 

2007年3月末になると
644,000口座まで急増しています。

 

ただし、1口座当たりの証拠金残高は、
年を追うごとに小さくなっているようです。

 

これは、手ごろな金額で投資できる
FXの魅力が広く知られることによって、
投資家の裾野が広がった結果といえます。

 

それを裏付けるものとして、
FX投資家の年代別のデータでは、
20〜30歳代の若い投資家が
およそ60%を占めているといわれています。

 

最近では、FX投資を始める女性の割合も上昇しているようで、
名実ともに「ミセスワタナベ」が増えているといえそうです。

 

スポンサーリンク