スワップの複利運用の注意点は?

スワップの複利運用について注意する点とは?@

FXでのスワップポイントを
複利的に運用することにより、
より効率的に
スワップポイントを増やしていくことができるわけですが、

 

FX会社によって
最低証拠金額が異なることには、
注意が必要です。

スワップの複利運用について注意する点とは?A

といいますのは、
最低証拠金額が10万円であれば、
日々受け取ったスワップポイントが10万円に達しない限りは、
再投資することができないからです。

複利運用とは?

複利運用というのは、
一定期間の運用によって生じた収益を元本に加え、
それを新しい元本として
さらに一定期間運用する方法です。

 

複利運用を行うと、
運用期間が長くなればなるほど、
徐々に元本が増えていきますので、
複利運用効果も上がっていきます。

 

例えば、100万円を年5%で運用すると、
1年後の元利合計額は105万円です。

 

これを新しい元本にして、
さらに年5%で1年間運用すると、
110万2,500円になります。

 

一方、同じ利率、運用金額、運用期間で
単利運用した場合の元利合計金額は110万円です。

 

つまり、複利運用のほうが2,500円分多く、
元利合計金額が増えることになります。

複利効果が最も大きくなるのは?

複利効果は、
元本が大きく、利率が高く、運用期間が長く、
複利の計算期間※が短くなるほど高い効果が得られます。

 

※半年複利とか、1年複利のことです。

 

スポンサーリンク