FXにかかる税金は?

FXにかかる税金は?

FXの税金というのは、株などとは異なり、
「雑所得」として
確定申告する必要があります。

 

ただし、年間の給与所得が2,000万円以下で、
雑所得収入が20万円を超えない人は
申告する必要はありません。

FXの売買で得た利益とは?

FXの売買で得た利益というのは、
そこから必要経費を差し引いたものが
収入金額となります。

 

⇒ FXでの所得=FXの売買利益−必要経費

 

つまり、次のようなものは、
すべて経費として売買利益から差し引くことができます。

 

■FXでかかった手数料 
■インターネットのプロバイダ使用料
■通信費 
■セミナー費用とその交通費 
■書籍購入費
■筆記用具などの消耗品...など

 

さらに、このFXでの所得というのは、
他の雑所得と合わせて確定申告することになります。

 

ただし、雑所得で生じた損失は、
他の所得と合算することはできませんので注意してください。

 

なお、FXでの利益は、雑所得として、
他の所得と合算された金額に対して課税されます。

外貨取引で発生した税金は?

FXで得た利益は、
個人の場合、通常は、
雑所得として総合課税の対象になります。

 

年間に決済した取引の売買損益を通算して
20万円以上の利益となった場合には、
純利益※が課税対象になり、
確定申告が必要になります。

 

具体的には、年収が2,000万円以下の人で、
損益を合算し、
年間の利益が20万円以上であれば、
雑所得として確定申告する必要があります。

 

※手数料を控除した利益です。

 

スポンサーリンク