マージンコールの意味は?/回避方法は?

マージンコールとはどのようなものですか?

マージンコールは、評価損が
ある一定の水準を超えたら※発生するものです。

 

つまり、追加証拠金を入れてください
というお知らせのことです。

 

※およそ50%程度です。

マージンコールの計算は?

評価損が取引証拠金の50%を上回ると
マージンコールが発生する場合は、次のようになります。

 

⇒ 評価損÷証拠金=50%

 

なので、例えば、証拠金が
100万円で評価損が50万円になると、
マージンコールが発生します※。

 

※手数料は考慮していません。

具体的には?

例えば、証拠金100万円で、
1ドル=110円のときに、1万米ドル買ったとすると、
これは100万円の証拠金で
1,100万円の取引をしていることになります。

 

このとき、50万円になると
マージンコールが発生するわけですから、

 

1,100万円が1,050万円になったとき、
つまり、レートが1ドル=105円になったら
マージンコールが発生するということになります。

 

スポンサーリンク

マージンコールとは追加証拠金のこと

マージンコールというのは、追加証拠金のことです。

 

また、このマージンコールは、
強制決済になる前に発生します。

 

そして、この時点で
証拠金を追加で入金すればよいのですが、
どんどん追加証拠金が発生する場合もあります。

追加証拠金は入れたほうがよいのですか?

追加証拠金を入れたほうがよいのか、
それとも早めに損切り(決済)をするのがよいのかについては、
その時の相場の状況や
自分の資金量を考えて決める必要があります。

マージンコールを避けるにはどうしたらよいでしょうか?

マージンコールが発生するのを避けるには、
レバレッジを低くして、

 

最初から
証拠金に見合った取引をするようにしていれば
大丈夫です。

 

少ない証拠金でもたくさん取引できるからといって、
レバレッジをどんどん高くしてしまうといずれ破綻してしまいます。

 

最悪のパターンとしては、
次のような過程を辿ることになりますので十分注意してください。

 

⇒ レバレッジを高くする → マージンコール発生 → 強制決済

 

スポンサーリンク