FXの税金は?/投資に必要な金額は少額でOK?

FXの税金は?

FXでの利益である為替差益とスワップは、
すべて雑所得として総合課税になります。

 

原則として、1年間を通しての損益を
他の雑所得と合算し、
翌年確定申告をしなければなりません。

 

ちなみに、株式投資の損益とは
通算できませんので注意してください。

雑所得とは?

雑所得については、
各個人の所得の状況によっても
税務上の取扱いが異なります。

 

例えば、サラリーマンなどの給与所得者で、
給与以外に所得がなく、
収入の金額が2,000万円を超えない場合には、

 

為替取引での損益を含めた雑所得が、
年間20万円以下であれば
申告しなくてもよいことになっています。

 

なお、ここで言っている為替差益というのは、
あくまでもポジションを決済して
利益が確定したときの損益ですので、

 

年をまたいで持ち越したポジションについては
課税されません。

経費は認められますか?

FXに関する書籍などは、経費として認められます。

 

その他についても認められることがありますので、
詳しくは税務署で聞いてみるとよいと思います。

 

スポンサーリンク

FX投資では必要な金額の全額を用意しなくてもいい?

少ない資金しかなくても、
その何倍もの取引が可能なのが
FX投資の魅力の1つです。

 

例えば、銀行に100万円を預ける際に、
10万円だけを入金して
100万円を預金したことにするなんてことはできません。

 

あるいは、株を購入する場合でも、
購入代金が不足しないように
十分な資金を用意しておかなければなりません。

 

しかしながら、様々な投資手法の中には、
必ずしも必要な代金を
100%用意していなくても可能なものがあります。

 

株の「信用取引」というのは、
少々特殊な株式投資の方法ですが、

 

手元に100万円の代金が全額なくても、
30数万円も出せば
100万円分の株を購入することが可能です。

 

そのほかにも、先物取引という金融商品では、
投資資金を多く持っていなくても、
投じた資金の何倍もの投資が可能です。

 

FXもこのようなものと同様で、
取引に必要な全額を用意していなくても、
少ない手元資金で
大きな金額の取引ができる種類の金融商品といえます。

 

スポンサーリンク