儲かった分を証拠金に買い増しするリスクとは?

買い増しのリスクとは?@

FXで誰もが一度はやってしまうのが、
この儲かった分の証拠金で、買い増しして
資金が飛んでしまうというものです。

 

例えば、1ドル=100円のときに
証拠金100万円、レバレッジ10倍で、
10万ドル(1,000万円分)の米ドルを買ったとします。

買い増しのリスクとは?A

この場合、10%円安になり1ドル=110円になると、
為替差益は100万円になります。

 

スワップ金利も累計で10万円になっていたとすると、
利益は110万円で資金は2倍以上になっています。

 

そこで、この儲かった資金の110万円分を証拠金として、
さらに10倍の10万ドル(1,100万円分)の米ドルを買ったとします。

 

そうすると、合計で
20万ドル(2,200万円分)を買っていることになります。

 

この場合、ここから10%円高になると
資金はすべてなくなります。

 

人間の心理としては、
勝ち続けていくと自分の腕を過信して、
どんどんレバレッジを高くして買っていってしまいがちです。

 

特に上記の例のような買い増しの仕方ですと、
後から買うものほど価格は高くなり、
高いものほど多く買っているので、

 

平均取得価格はどんどん高くなっていることには
注意する必要があります。

 

上記の例のようになってしまうと、
儲かるときは加速度的に儲かるのですが、

 

下落時の為替差損の加速度も同様にすごいものになり、
慌てふためいているうちに
最後には資金が飛んでしまうということはよくあるパターンです。

 

FXが危険であるというのは、
このレバレッジにあるわけですが、
逆に言えば、自分の欲さえ抑えられれば、
FXは危険なものではありません。

 

よって、儲かっても大きく買い増ししないのが鉄則です。

 

スポンサーリンク