ロスカットとは?/底堅いとは?

ロスカットとは?@

ロスカットというのは、
一定金額以上反対に振れたときに、
ロス(損失)をそこで、カット(切る)ための注文です。

 

例えば、米ドルを1ドル=110円で買っている場合に、
1ドル=105円を切ることになったら
損失をそこで抑えるために、

 

1ドル=105円になったら
自動的に決済するように注文を設定するのです。

ロスカットとは?A

これによって、冷静なときに
事前にロスの範囲を
自分で設定することができます。

 

もちろん途中で変更することもできます。

 

資金が少ない場合に、ロスカットをうまく使うと、
例えば、ここは絶対に勝てるというときには、
ロスカットを極小にし、
レバレッジを大きくして取引するといったこともできます。

 

また、ロスカットは取引単位で設定できますので、
あるポジションは余裕を持っておいて、
一部だけのロスカットを小さくするということもできます。

 

ただし、ロスカットは、必ずしも
その価格でロスカットできるとは限りませんので
注意してください。

 

というのは、為替は
月曜日から金曜日までは
連続して推移しているのですが、

 

土日は休みなので、
金曜日の終わりの価格と月曜日の朝の価格が
連続していないからです。

 

つまり、月曜日の始値が金曜日の終値と比較して
大きなギャップが発生したときには、
指定しておいたロスカット価格では
ロスカットできなくなることがあるのです。

底堅いとは?

底堅いというのは、
それまで下落基調にあった相場が、
ある水準まで下がったところで、
それ以上、下がらない状態のことをいいます。

 

スポンサーリンク